春のサークル「スパンキー通信」販売コンテンツの予告

2012-02-19

全国のお仕置きファンの皆さま、こんにちわぁ!本日は近日(今年4月)発売予定のサークルコンテンツをご紹介しますね。内容はお仕置きトレーナーシリーズ&オネショストーリーの”挿絵付き”お仕置き小説で、しかも今回は携帯端末でもお読みになれます。※ページ数は挿絵を含む300ページ以上のボリューム作品を予定

<本編収録予定の一部内容はこちら>
今年の夏休み、みのるは生まれて初めてひとり、電車で叔母の家へ向かった。何本もの電車を乗り継ぎ、予定時刻より数時間遅れでようやく幸恵の家に・・「みのるちゃんっ!遅かったじゃないのぉ~叔母ちゃん、とっても心配したんだからぁ」幸恵は器量こそ、そこそこの美形だったが婚期を逃し36歳になった今も未だ一人身で年に一度、みのるが遊びに来るのを首を長くしながら待っていた・・母親(妹)譲りのみのるが何処と無く自分とも似ていたせいか?お泊り中はどんな我侭も受け入れていた・・

あのねぇ~、僕・・来年4年生だよぉ~!ママが悪いんだよ、友達はみんな携帯電話を持ってるのに、僕にだけ買ってくれないから。ほらぁ、遅れる時だって、叔母ちゃんの所へ連絡できるじゃん!僕・・携帯欲しいなぁ~「そうだわよね・・良いわっ!私の名義でひとつ買ってあげるっ、その代わり・・お泊り中は私の事をママだと思ってくれる?」いいよっ!でも・・ママに叱られないかなぁ?「大丈夫よ、私がママに電話で承知させるからぁそれなら、良いでしょ?そんな事よりお腹空いたんじゃんなぁ~い?スイカをいっぱい買っといたのよ、冷蔵庫でキンキンに冷やしてあるからね♪」

みのるはよっぽどお腹が空いていたのか?幸恵から出されたスイカ、丸々一個分をぺロリとたいらげてしまった・・しかも塩を掛けすぎたのか?お腹が破裂するのかと思うくらいにジュースを喉へ流し込んだ・・『ふわぁ~、もう駄目・・食べられない・・』<長旅の疲れもあって稔は晩御飯も食べずにスヤスヤと深い眠りに落ちた・・>「あぁ~あ・・何時の間にか寝ちゃったのね・・パジャマも着ないで・・仕方ない子ぉ~、このままっていう訳にもねぇ?私が着せてあげるかぁ」<幸恵はみのるを自分のベットへ横たわらせると
とりあえず、スッポンポンにして彼が持って来た、リュックからパジャマを取り出し着替えを始めた・・リュックの奥でなにやら手紙らしき物を見つけたが、彼に無断で見るのも悪いと思いそのままにして、携帯の件で妹へ電話をする事に>

『ああ、美智子・・うん・・無事に着いたわよ。それから・・今時、携帯くらい買ってやんなさいうん、私が払うわよっ!そう・・それで良いわね?』<妹にみのるの携帯の件を了承させた幸恵は再び彼のリュックの中にあった手紙を取り出した。妹からの手紙に書かれてあった内容とは・・>「何なにぃ~?・・へぇ~・・みのるのオネショ?やだっ!まだ、直ってないんだぁ~?うふふ・・でも、可愛いもんじゃないのぉ~、オネショくらい。・・・・はぁ?お仕置きのやり方ぁ?なんなのそれ?普通、お仕置きといえば・・お尻ペンペンとかでふむ・・ふむ・・ナルホドね・・彼の為って訳ね。でも、そうなると。。明日の朝は鉄板ね!」

そして翌朝・・

新作スパンキング動画

アーカイブ

カテゴリー

お仕置きコンテンツ

Copyright(c) 2012 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.