お仕置き請負人 良子 プロローグ

2010-03-05

お仕置き請負人 良子

お仕置き請負人、良子は、顧客に依頼された躾けとしてのお仕置きをして、生計を立てていた、珍しい職業を持った女性で、10年以上、ゼミで講師を務め、その後は司法書士を目指してた事もあった。お仕置きを仕事としているが、宣伝などは一切せず顧客の口コミと、リピートユーザーだけで依頼を受けていた・・

躾けの依頼料金は、時間制ではなくお仕置きを必要としている人の年齢によって依頼代金を決めていた。例えば、依頼人が母親で、お仕置きを施す、対象が小学生以下の場合は1回あたり、3000円で2回以降のリピートに関しては、毎回、1000円程をアップさせていた。

なぜ、リピートが高くなるか?というと、1回目より2回目2回目のお仕置きより・・3回目と徐々にお仕置きに厳しさを増していくからでもあった・・対象が子供の場合は、1回~3回でほとんど、良子のお仕置きで良い子になるので、リピートというよりも、依頼のママから新たな客を紹介してもらう、紹介の方が多かった。大人のお仕置きは、初回お仕置きは5000円~で
これもまた、時間制ではなく、躾ける理由によって金額が決められていた。比較的料金が高いのは。
不倫、万引き、浮気、などが平均12000円位で、寝坊や、仕事や学校のサボり、宿題忘れなどは通常の5000円ほどでお仕置きの依頼を請けていた。当然、風俗的な内容等は一切なく、もっぱら、服を脱ぐのはスパンキング対象だけで、せいぜい、パンツを下ろす程度、全裸になる事は滅多に無い。

 お仕置きの要する。お道具はずべて、良子が用意しスパンキング専用ラケットが3本 本皮スパンキングパドル5本、モグサ、物差し〔木製とプラスティック製〕オムツ、浣腸器、ロープ、足かせ、手かせやさるぐつわなど、あらゆる道具を常に所持していた。ただ、数ある、お道具の中でひとつだけ無いのがムチである良子はお仕置きの時には、絶対にムチだけは使用しなかった。それは、単に良子がSMの女王様感覚ではないかったからだった。


依頼は、お正月をクリスマス、そして自分の誕生日以外はすべて、お仕置き依頼を請けていた、この仕事をはじめて、半年なのに、すでに2ヶ月先までお仕置き予約がいっぱいだった。良子は予約を取る時に充分の余裕をとって、けしてお仕置きを急ぐ事はしない、一日の多い時で3件までとし緊急なお仕置き以来に備えて、夕方から7時は大概いつも、お仕置きをしないようにしていた。
明日の、お仕置きは小学4年の男の子、依頼人はご両親で、普段両親は共稼ぎの中堅のスーパーのオーナーをされていて、お手伝いさんに子供の面倒をみてもらっていたが、すでにそのお手伝いさんの言うことを完全に聞かなくなってしまったとの事

今回、両親が依頼してきた最大の理由はその子の万引きだった・・しかも自分が経営しているスーパーでの、万引きなので、部下である店長もさすがにオーナーの子供を叱ったり、学校などに連絡は出来なかった。

続く
次回は第1話 仕置き人 良子 です
良子は大人のお仕置き以来が多く久しぶりの
子供のお仕置きだった。旨く手加減ができるか
すこし、心配だった・・・

新作スパンキング動画

アーカイブ

カテゴリー

お仕置きコンテンツ

Copyright(c) 2010 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.