お仕置き請負人良子第10話 延長お仕置き保育

2010-03-11

今回の依頼人は良子にとっては、自分自身の
スパンカー欲求も充分に満たしてくれる子だった。
彼が求めるお仕置き願望はおそらく幼児プレイ的な
お尻ペンペンなのだろうが、良子はお仕置き請負人
風俗的な、要素のプレイ感覚のスパンキングは
好まない、ましてそんな噂が良子の優良顧客に
流れれば、この仕事を続ける事が難しくなるだろう。

今回の依頼人のプロフィールは・・
南 大 〔みなみまさる〕25歳独身フリーター
独男なのだが、特に婚活はしていない様子
何より、定職を探す事が先決で、彼自身の希望の
躾け、内容も、転々と職を変える性格を厳しい
お仕置きによって直して欲しいとの事だった・・

まさるは、良子に命令されて下半身すっぽんぽんで
両手を頭に乗せて、かれこれ30分以上立たされていた

まさるくん、おトイレは大丈夫なのかしら~?
お仕置き中でも、おしっこは我慢しなくて良いのよ。
それとも、ママに連れて行って貰わないと一人で
出来ないのかな?

良子は、お仕置きカウンセリングの時にまさるが
切望していた、お仕置き関係で接してあげた。
まさる本人がその方が、良い子になれると言うのだから
仕方がない、ただ、良子は躾け方は全く別
たとえ、優しい保母さん口調でも、しっかり彼が
更生できる、厳しいお仕置きをするつもりだった・・

良子
トイレに行かないなら、それは、それで良いけど
もし、お尻ペンペンしてる時に行きたくなっても
次のコーナータイムまでは、行かせないからね。

まさる
うん、大丈夫・・です。まま・・

まさるは、少しでも早く良子の
膝の上にお尻を乗せてもらいたくて、うずうずしていた

良子
そう、まさるくん、悪いお尻をペンペンしますから
ここに、うつ伏せになりなさい。

良子は正座を少し崩した感じの座り方で自分の
両膝を、ぽんぽんっと叩いて見せた、まさしく
それは、まさるが、待ち望んだ瞬間だった・・・

そうよ~ここにお尻を乗せるのよ~、
これから、いっぱいお尻ペンペンだからね~
きっとまさるくんは、ママのお仕置きで良い子に
なれるからね~、お尻が痛くなってきたら
泣いても、良いけど足をバタバタさせたりして
暴れたら、メ!ですからね~。

「はい、暴れません・・」

良子
いくわよ!まさる!しっかり反省なさいね!
バチン! バチ! 悪い子ね!ぱん!

「あぁ~、痛い、ママ痛すぎだよ~」

お仕置きなんだから、痛くなくてどうするの?

そんな悪い子は、もっとお尻痛くしようね~

良子の優しい話し方とは、想像出来ない程の
重たくて、とても痛いスパンキングだった。

また、まさるにとっても初めての痛さだった・

「うわぁ~。いったぁ~い!もう堪忍して~」

駄目よ~、お仕置きはまだまだこれからですよ~。

ばち~ん!パン!パン!パン!パン!
ばち~ん!パン!パン!パン!パン!

「痛い、痛い、あ~うっ!もう、あっ!」

良子は、久しぶりに我を忘れてスパンキングを
堪能していた。

さぁ、もっと良い子になるのよ!

パン!ぱあ~ん!ぱあ~ん!

今度は、かなり右手を大きく振り上げて
まさるのお尻の少し、下の太ももを叩いた。

「あっ、痛いよ~、ほんとに、ほんとだから~」

まさる。いい加減なさいよ~、さっきからなに?
ママはもっと怖いママにもなれるのよ。
それでも良いの?暴れちゃ駄目!って言ったでしょう?

あんまり、バタバタするんなら、この悪い足を
お縛りして、お仕置きするわよ~。
泣いても良いから、暴れない!分かった?!

「ごめんなさ~い。縛らないで~怖いから」

まさるは、スパンキーであっても、エムではない
ムチや、縄は本当に苦手なのだ。

良子
だったら、良い子でお尻をペンペンされなさい。
ましてや、まだ、10分もお仕置きしてないじゃない。
ママだって可愛いまさるに辛いペンペンしたくないの

だけど・・今日は

わんわん、泣くまでは、ペンペンの強さは緩めないわよ
まだまだ、ママの手は平気なんだからね~。
ほら、お尻も逃げないのよ!パン!パン!ぱ~ん!
泣いて、心の底から改めるのよ!パン!パン!パン
たっぷり延長して躾けてあげますからね~

まさるの額から、脂汗が滲み出てくる位の痛みだった

スパンッキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.