『スパンキングラケット』メイドの躾け3

2013-09-19

「あなたっ、もっとお尻を強く叩いて下さいなっもっと、この辺からパドルを打ち下ろすんでしょ?」
<女主人は旦那の腕を取って高さを指示した>ぱんっぱんっ・・ぱん!!ぱんっ
あんっ・・あぁん・・・あぁ・・
お・・お許し下さい・・あぁ・・
「何っ、二人してお仕置きごっこをしてるんですかぁ!あゆかも何ですっ!あなた、全然効いてない癖して、何が?”お許し下さい”ですかっ!あなたもあなたよ、そんな叩き方では実際にあゆかが息子のお仕置きの時にこのバトルを使っても、痛みが判らないじゃないのよ。自分が使おうとする、お道具は自分が一番良く知っていなければならないでしょう?私が交代するわ・・」
”あなたは書斎でお仕事でもしてたらぁ?”
『そ・・そうするかぁ・・』
<女主人は旦那を書斎へ追いやるとあゆかへ
ベットの上で仰向けで寝るように命じた>
奥様・・仰向けって・・それじゃ、もう
お尻の罰は終わりにしてくれるんですか?
「誰が終わりにするって言ったのよっ!メイドのお仕置きは最後にコーナータイムやスッポンポンでのお掃除が待ってるのよ、良いから、言われた通りにしなさい・・」はい・・奥様。<あゆかの嫌な予感はこれだったのか?>「それじゃぁ、その足に引っかかってるイチゴのパンツを取って、あんよを大きく広げなさい、若いんだから体も柔らかいでしょ?もっと、大きく八の字にするのよ」あ、あの・・お仕置きはお尻・・ですよね?「さっきも言ったけど、いくら子供用のお仕置きバトルでも、叩かれたら、どの程度堪えるか?知っておく必要があるでしょぉ~うふふっ・・この・・女の子の一番恥ずかしいところでね・・さぁ、判ったら大きく広げて」こ・・こんなとこ、叩かれたら私・・気が・・ぱぁあんっ!ひぐぅ~たらーっううぅ「誰が、足を閉じて良いって言ったのっ!そうゆう態度なら、オマタ100叩きよっ」わ・・わかりました・・だから・・オマタの100回はお許し下さい・・今ので、充分にそのパドルの痛さが判りましたから・・・「あら?さすが高学歴って・・言いたいけど。こればかりは、体で覚えるしかないのよぉ~ん自分で耐えれそうな数をおっしゃいっ!今夜だけは、あなたに決めさせてあげる・・うん?」それでは・・10・・いや、5回で・・「あなたお仕置きを馬鹿にしてない?50よぅ!」ぱぁんっ!ぱああんっ!ひいいいぃ~いいっ「足を閉じたら、何度でもやり直しよぉ~♪」ふぇ~んっ、おまたがぁ~ああぁ・・あぁ・・「そうそう・・泣くのは全然構わないわよ、そうして、あんよをしっかりと、広げていればねぇ」ぱぁんっ!ぱぁあん、ぱんっ!ぱんっ!はうあぁ~ああっ、痛いぃ~、さけるぅ~うう!ぱんっ!ぱん!ぱん!ぱしん!ぱぁあんっ!「どぉ~?子供用といえど、結構効くでしょ?」はい、はい、はいぃ~!奥さまぁあぁ~!
「まぁ、良いお返事だこと・・どうやら・・あなたに息子の躾け係りを任せても良さそうね、うふっ私の子でも、お仕置きは厳しくしてあげてね。こう・・やってぇ~!!」
ぱぁんっ!ぱん!ぱん!ぱん!ばちぃ~いんっ!
ぱぁん!ぱん!ぱん!ぱん!ばちぃ~いん!
ぱぁん!ぱぁん!ぱっ!ぱん!ばちぃ~いん!
ぱぁんっ!ぱん!ぱん!ぱん!ばちぃいん!
ふえぇ~ん、えん、えん、えん、ごめんなさぁい
ごめんなさぁ~いっ、もう二度と通販でおやつは
買いませんからぁ~ああ、ああぁん、あん、あん
(あら?お仕置きの理由は・・それだったっけ?まぁ・・いいわ・・これで主人に言い寄られてもあゆかがおかしな気を起こさないわね・・うふふっ)
「今夜のところは、このくらいで良いわ・・仕上げのお仕置きは・・えぇ~と・・そうね!裸で草むしりでも、やって貰おうかしらねぇ?」いってまいります・・ふぇ~んっ・・「さぁてぇ・・今度は主人の番ね・・メイドのお尻を見ながら、ちんちんを大きくさせたお仕置きはぁ・・これで、ちんちんをうんとペンペンするしかないわね」女主人は自分の掌へパドルの試し打ちをしながら彼がいる書斎へと消えていった・・この時、泊り込みだった多数のメイドたちには、おちんちん叩きのお仕置きで悲鳴をあげ続ける旦那さまの泣き叫ぶ声があゆかの声と思い違いするほどその泣き声は可愛く屋敷全体へと響き渡った・・完

新作スパンキング動画

アーカイブ

カテゴリー

お仕置きコンテンツ

Copyright(c) 2013 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.