膝の上の妖精たち 6話

2010-07-13

「いやぁ~!ゆるちてぇ~!!」

だったら、お尻をもっと高くあげて
お姉ちゃんのペンペンを素直に受ける?

「はぁ~、ひぃ~、わがったからぁ
うえぇ~ん!いたいよ~おおぉ」

そう!もっとお尻を浮かして!
お姉ちゃんがペンペンしやすいようにね!

「ひぃ~ん、いたくしないで~」

素直にお尻を上げたんなら、少しだけ
ペンペンを弱くしてあげますよっ
わかったら、お膝をついてお尻を
突き出しなさい!

「は。ふぁい・・これでいい?」

良い子ね~、達也は・・
素直にお尻ペンペンが受けられる
ようになったのね?
はいっ、それでは・・あと
30回のお尻叩きよっ!いくわよ!

ぱん!ぱん!ぱん!ぱん!

「ふんぎゃぁ~、またお尻が痛いよぉ」

当たり前じゃないのっ!
お仕置きなんだからぁ!
それともまた、とっても
とっても、痛いペンペンを
してあげましょうかぁ?

「痛いのは、やぁ~!今のがいいぃ~」

そうね~、さっきは取って置きの
お尻ペンペンだったものね~?
さぁ、もう一回最初から30回ね!

「ふんぎゃぁ~、ふんぎゃぁ~
いたいおぉ~ん、おん、おん」

今日子はきっちり30回、厳しい
お尻叩きを達也のお尻に与えた

「ぜったい、ぜったぁい
しないからあぁ~、うぇ~ん!」

はい。もうペンペンはおしまい・・
良い子になったかなぁ~?

「うん、ぐしゅっ、もう良い子っ
ペンペンは、おわり~?」

そうよぉ~、達也は良い子で
お姉ちゃんのお仕置きを受けたわね?
もう、二度とオウムさんに
あんな事はしないわね?

「はい・・きょうこねえたん」

良い子、良い子・・

<今日子は達也の真っ赤に腫れあがった
お尻を優しく撫でながら、きつく抱いた>

さっ、今度はともみのお仕置きを
しないとね~?

「ともみも、お尻ペンペン?」

そうよぉ~、二人でやったんでちょ?
オウムさん・・

「うん、だけど最初にやろうって
言ったのは、僕なんだぁ・・」

達也は正直で良い子ね~
それでも、ちゃんと
ともみには、教えてあげないと
いけないの・・わかる?

続く

スパンッキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.