お仕置きメール配信予告

2018-11-10

次回のお仕置きメールはFF(姉→妹)&MF(施設)の二つの異なるシチュエーションでお送りいたします!オネショと悪戯”いたずら”への罰といったシンプルな理由なのですが・・今回はリクエストに忠実に悪戯ッ娘へ姉からのお尻ペンペン・・更に、施設送りとなったとオネショっ子はレッグアップでの小股へのペンペンが待ってます(泣)股間スパンキングに関しては回転式お仕置きマシーンが登場!!小〇生の股間にマッチした皮ベルトは容赦なく小股をスパンキングし続けるのです・・。

<配信予定日時>
2018年11月11日~即日完結

<簡単なシナリオ>
小●4年生の夏海ちゃんは、あるひおねしょをしてしまい、それを隠したことがバレてお姉ちゃん(二十歳)から厳しくお尻ぺんぺんをされてしまう。更に・・後日今度はいたずらをしてしまい、またお姉ちゃんのお膝の上でお尻を嫌ってほど、お仕置きされたが、呆れたお姉ちゃんはその後夏海ちゃんをネットで調べたある施設に連れて行った。(お仕置き施設)そこで夏海ちゃんを待っていたのは、お仕置きマシンによって行われるお尻ぺんぺんと、10歳にもなっておねしょといたずらをしたお股に対するレッグアップスパンキングという残酷な羞恥的お仕置きであった・・

第1話「スパンカー姉のお仕置きの日々」

OTKマニアだった姉”郁子”の膝の上は夏海専用(読者の名前へ変換されます)のお仕置き台だった。郁子の楽しみは旅行好きな両親が毎月2度は留守になる数日間でこの日の為に、日々妹の生活態度のチェックやオネショをした日をお仕置きノートへ記録していた・・。「今週末の土日は朝からお仕置きだよ」姉のお仕置きは夏海が年齢を重ねるごとに厳しくなっていった・・。

第2話「お仕置き施設収監の日」

郁子はインターネットである「お仕置き専門施設」を見つけた・・。そこは家族の同意があれば収監可能な2泊3日のお泊りお仕置き施設で「ショートスパンキングステイ」とも呼ばれていた。見学も可能でお仕置きの厳しさも途中リクエストも可能だった。

最終話「お仕置きマシーンで小股打ち」

レッグアップスパンキングに悲鳴を上げる妹に何故か?股間を濡らす姉はお仕置き心に火がついたのか?更なる厳しい折檻を求めた・・それは・・。

<お仕置きフレーズ>
「オネショを隠す子のお尻はどうなるんだっけ?」「お姉ちゃんの目を見てごめんなさいでしょ!」「オネショ癖が治るまで毎日でもお仕置きだからねー」「毎日、朝と晩15分間づつお仕置きマシーンで小股へ罰を与えます」「ヒリヒリの小股へひまし油をたっぷり塗ってあげましょうね」

・お仕置きエッチ度は前半☆1後半☆5

※前回の『思春期中学生の羞恥折檻』最終話は後ほど配信されます。

アーカイブ

カテゴリー

海外スパンキング動画

お仕置きコンテンツ

Copyright(c) 2018 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.