『夏の矯正合宿』お仕置きメールの紹介

2019-07-29

サークルスパンキー通信が発行するお仕置きメールマガジンで読めます!毎月200円のみでいつでも解約可能ですよー♪スパンキングシーズンの夏、お仕置きメールで反省しましょうね!

第1話 お仕置き施設の一日

ママは1学期中、娘の弛んだ生活習慣を矯正する為に担任教師から紹介された合宿に娘を入れる亊にした。

合宿初日・・

女子専門矯正合宿”通称スパンキングセンター”のセンター長”渚”は若干25歳の元キャビンアテンダント・・女子が思わず、うっとりする程のスタイルと顔立ちでこんな素敵な女の人なら夏休み中とは言わず、ずっと一緒に生活してもいいな♪・・そんな思いを巡らしながら”ボーっとしていると・・センター長はカツカツとヒールの音をさせながらさゆりに近寄り、いきなりスカートをまくり、パンツを足首まで下げた。

”あっ。。ちょ・・ちょっとぉ~”

「さゆりさんっ!今、私がとっても大切な話をしてるの判る!?まぁ・・丁度イイワッこのセンター内では、いつ何時(なんどき)でもお尻叩きが始まるって亊を身をもって教えてあげますっ」

お仕置きメルマガ

<センター長はいつもの手順通り素早くお尻叩きが出来る体勢にした。対象に近寄る時は必ず丸椅子や背もたれがある椅子を片手に持ち、捲り上げられたスカートの裾が落ちない様に大き目のクリップをポケットから出しブラウスの背の当たりで止めた。これは、スパンキング中に対象が暴れても生尻を叩き続ける為だ。そしてパンツを確実に足首までズリ下げ、あえて脱がさないのは対象にパンツを足に絡ませ逃げにくくする為だった・・さらに・・彼女は対象の両手を頭上に上げさせ”宣告する”「絶対に手を下してはダメよっ!もし?勝手に下げたら私が設定したスパンキングマシーン1時間の懲罰が待ってるからねっ」大体の合宿生は、この宣告でまるで子猫の様に大人しくセンター長のお仕置きを頂く亊になる>

 

「この手は絶対にさげちゃダメだからねっ!」

 

ぱぁ~あああんんっ!!
ぱぁ~あああんんっ!!
ぱぁ~あああんんっ!!

”んがぁ~あああっ(汗)”

ぱぁ~あああんんっ!!

「先生のお話を聞かないからお尻を叩かれるのっ」

ぱぁ~あああんんっ!!
ぱぁ~あああんんっ!!
ぱぁ~あああんんっ!!

”いったぁあああいいっ!!”

 

<渚のスパンキングにはある特徴があったたったままの悪い子のお尻を叩く時は斜め上から、真横から、そして斜め下からと、ありとあらゆる方向から平手打ちを浴びせその子が一番痛がる場所や叩く方向を探り当て、最も効果的なお仕置きを施すのだ。時には身体を九の字に曲げさせたり自分で両足を抱え込ませる姿勢をさせ、お尻の皮が一番薄くなり通常の倍以上の痛みを感じるようにスパンキングする亊もあった>

 

「今日の所はこの位で許してあげる。。ホントはもっと、もっとお尻ペンペンしてやるとこだけど・・先生の言いつけ通り、ちゃんと頭の上で両手を握ってたからね♪じゃ~、最初からこのセンターでの生活のルールを説明するわね」

センター長の言うルールはこうだった・・

・起床は6時30分でおねしょ検査が終わった子から朝ご飯を食べる

・9時~11時までお勉強の時間

・午前の休憩と給食を約2時間

・午後1時からお仕置き時間で順番で
お尻ペンペンマシーン自身で設定して
毎日お仕置きを受ける

・お仕置き時間が終わった順で2時間の夏休みの宿題の時間

・晩御飯の時間(約1時間)

・この後はセンター長呼び出しがある子やテレビ鑑賞などの自由時間

・20時消灯

※良い子にだけ週に1度プールの時間あり
※良い子だけ週に1回帰宅許可が与えられる

センター長の説明は続く・・お仕置きメールの抜粋でした。おくむらかんち

新作ダウンロードスタート!

アーカイブ

カテゴリー

お仕置きコンテンツ

Copyright(c) 2019 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.