お仕置きお風呂

2010-10-16

10月16日男の向けお仕置きメール

あさかず!また・・またお姉ちゃんとの
お約束が守れなかったね!
今夜もあさかずの歳の数の倍
お尻ペンペンです!

あさかずは晩御飯の前に
お菓子を食べないってお約束をママと
歳の離れたお姉ちゃんとお約束していた・・
いつも優しい大学2年生のお姉ちゃんは、
滅多にあさかずをお仕置きする事が
なかったが、あさかずはママがお出かけで姉と
2人きりでお留守番してる時に限って
茶箪笥から、お饅頭やチョコを頬張った・・

さぁ、あさかずぅ~・・お風呂で体を洗いながら
う~んとお尻ペンペンしてあげるからねぇ~
良い子で今夜もお尻・・我慢しようねっ。

「うぇ~ん!!お風呂はいりたくないよ~おおぉ
お尻。怖いよぉおおぉ~!!わぁ~んん!!」

<姉は悪い子が悪い子だった時に、いつも
お風呂場でお尻を叩いていた、お風呂場では
真っ赤に晴れ上がった、お尻を直ぐの置き冷たい
シャワーで冷やせるという利点もあったからだった。
2人の間では、お仕置きお風呂とよんでいた。。
逃げようとしたあさかずの襟を掴んで・・姉は・・>

さぁ!お仕置きお風呂のお時間よっ
いくら、ジタバタしても絶対に
お姉ちゃんはお仕置きしますからね!
そんな事、あさかずはわかってるでしょ!!
来なさいっ!!

<姉はあさかずをひょい抱えると脱衣所まで
あさかずを横抱きにして連れて行った>

「わぁ~んん、嫌あぁいやぁ!!あ~ん」

はい!お手手はバンザイ!!

<姉、美里はあさかずの可愛いらしいトックリの
セーターをパチパチ※静電気※させながら
ゆっくりと脱がした>

「あぁ~ん、パチ、パチして痛いよぉ~」

うるさいっ!今度はおズボンよっ・・
あんよを上げて!パチン!「ああぁん」
今度はこっちのあんよっ!ほらぁ・・
また、ペチンされたいのっ!これは
お仕置きの数に入ってないからねっ!!

「ひぃ~んんんん、良い子でパンツ脱ぐから
ぺん、しないでぇ~・ああぁあ・・ん」

<美里はあさかずを丸裸にすると、自分も着ていた
真っ白な上下のジャージをスル、スルと脱ぎ出した>

「お姉ちゃんのおっぱい・・・ママより小さい・・」

(この子ったら・・私の気にしている所を
 ズバっと言うわね~・・これで今夜の平手打ち
 でのお尻叩きの強さは決まったわねっ!)

そんな事は、良いから!
先にお風呂に入っておちんちんだけ
自分で洗ってなさいっ!!

<あさかずが石鹸を手にしてタオルに擦りつけ
そのタオルを自分のおちんちんにあてた>

そんなんじゃぁ、おちんちんが綺麗に
ならないでしょう?ほら・・タオルを貸して!

「い、痛い・・あうん・・ちんちんがぁ・・」

黙って、もっとお姉ちゃんの前におまたを
突き出しなさいっ・・ほら、今度はたまたまよっ
はい・・うんちが出る所も綺麗、綺麗よぉ~

<美里はより深く、あさかずのまたへ手を差し入れた>

はぁ~い。取りあえずおまたを綺麗にしたから
お風呂へ入ってなさいっ、お姉ちゃんもおまたを
綺麗に洗ったら、一緒に入るからねぇ~。
それから、お尻ペンペンですからねっ!

 ザブ~ン!!ざざぁ・・

あさかず!メでしょ!、静かにお風呂へ入りなさいっ
怪我でもしたら、どうすんのよっ!お尻20回よ!

「20は数えられないよぉ~ん・・」

ふ~・・やっぱりお風呂は良いわぁ・・
さぁ・・そろそろ、お尻の時間ね。
あさかず。。いつもの様に、お姉ちゃんのお膝の上に
立ちなさい・・お仕置きの時間が長引くと
のぼせちゃうからねぇ~、ほら、あんよを乗せて・・

<美里はあさかずを自分の膝へ立たせ、お尻が湯船の
上にちょこんっって浮かび上がる程度に膝の高さを
調整した、これだと少々お仕置きに時間が長引いても
あさかずが長湯でのぼせない為の配慮だった>

いくわよっ!ぱちぃ~んんん!!!!

「はうぅ、ひ、ひとつぅ~ううぅ、わぁ~ん!
いつものペンペンよりお尻が痛いよおおぉ~ん」

(あたりまえ!よっ私のお気に入りの
 可愛いお胸を馬鹿にしたんだからぁ!

ぱちぃ~いいぃ~んん!!いけないお尻!

「ああぁああん・・痛いいい・・おおぉ」

数はどうしたの?また最初から・・

「ふ、ふたぁつ、ふたつぅ!ああん!」

良い子ねっ・・でも、まだ十分の一よっ
20までにはまだ、まだ遥か先ね・・ふふっ

ぱああぁ~んん!!悪い子!

<美里は思い切り、腕を右へ伸ばしあさかずの
お尻の一番、ふっくらしている所へ平手を
叩きつけた、しかし。まだ美里は手首に
スナップを効かせては、いなかった・・>

「ふにあぁあ・・みっつぅ・・ううう」

もう、ごはんの前につまみ食いしないのっ!
ペンペンの数を数えているだけでは駄目よ
おねちゃんにごめんなさいをしながら数えるのっ!

ぱちぃ~んんん!!とっても悪いお尻ね!

「わぁああん、痛い、痛い、痛い、ごめ・・
あぁん、よっ、よっうう!!ああ・・んん」

今のは、なし!ごめんなさいが聞こえないっ!
さぁ、もう。一度、もう4つ目のペンペンよ。
いくわよぉ~・・あさかずぅ~、4つ目は少し
今までより、お尻、痛いからね~。
ちゃんと、あさかずは我慢できるかなぁ?

「おねえたん。ごめんなさい、ごめんなさい。
もうしません、ほんと、ほんとだからぁああ」

ばちぃいいいいいんんん!!!!
<あさかずのそんな、悲願の声を無視するかの様に
美里は、まるでバレーのボールをコーナーへ
狙い打ちするかのように、手首にスナップを
効かせた、さずがにあさかずは背中をのけ反らして
立っていた膝からすべり落ちた。そして
お風呂場の窓が割れんばかりに号泣しながら
美里の胸へと強く抱きついた>

「はぁ、はぁ・・・わぁあああんん!!!
お尻がぁ・・お尻があああ!!嫌ぁああ~
ごめんなさい、ごめんなさい・・」

しかたないわねっ・・あさかず・・反省したぁ?

「あぁんん、良い子ぉ~!!僕、良い子ぉ
良い子になるからぁ!!お仕置きおわりぃ~!」

はい、はい、良い子ねっ・・
よ~し、よし、はい・・ご褒美に
お姉ちゃんのおっぱいよ・・

「えっ・・?どこ?」

(お風呂からあがったら、もう一度
お尻ペンペンしようかしらぁ!)

今夜のお仕置きメールはここまで
遅くなってごめんね。かんち。

お仕置き動画にでませんか?

カテゴリー

アーカイブ

国内アダルト動画

Copyright(c) 2019 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.