「会員制良い子倶楽部」VOL1

2010-10-18

10月18日女の子向けお仕置きメール

「お名前は・・?」
凌月・・と言います・・
「今夜が始めて見たいだけど・・」
は、はい・・

「私は瀧川順子よ、このサークルの
主催者で始めての子は一応、私が
対応させてもらってるの・・
ところで、あやつき・・は、あっ、先に
言っておくけど、お説教とお仕置きが
終わるまではあなたの事は呼び捨て
にするから、心得ておいて頂戴ねっ。
それからこのサークルは風俗店とは
まったく、違うからあくまでも
こちらのペースで叱りますからねっ」

あ、あの・・そんなに私・・
悪い子ではないんですが・・

「あら?嘘はいけなわよっ、
自分から悪い子じゃないなんていう子は
大体からして、お仕置きが
必要な子なんですからねっ!さてと・・
今日もたくさん、悪い子が
待ってるから始めるわよっ」

「・・・・」何を、グズグズしているんですかぁ!
そのズボンとパンツを脱いで
私の前で正座でしょ!あなたサークル
の規約をちゃんと読まずに、この
お仕置き部屋に来たでしょう・・

はぁ~、こんな悪い子。
最近では珍しいわぁ・・いつもなら、
たっぷりと時間をかけて
お説教を聞かせてから
お尻ペンペンのお仕置きを
始めるんだけど、良いわぁ。

来なさいっ!

先ず、サークルの規約をお膝で教えてあげる・・
それから、改めてあなたがどんな?
悪い子なのかをしっかりとお姉さんが

カウンセリングしてからお説教をします
い、いきなりお仕置きですかぁ?
私・・叱られてから・・が。

悪い子は、お姉さんのいう事を
聞いてれば良いのよぉっ、は・や・く

(早くって・・言われても・・)

あなた、もしかして?
お尻ペンペンも初めてなの?

はい・・いつも、頭の中だけでしか
お仕置きされていないので・・

そうなら、そうと、最初に言いなさいっ!はいっ!
お姉さんの側においで、私がお尻を
出してあげるからぁ、はい!ここよっ!」

(わぁん、私おねしょのお仕置きと
お説教を少しだけされたかったのにぃ~)

<あやつきは、彼女が足を組んで座っていた
少し縦長の・・そう、診療所に設置して
ある様な感じのベットへ近寄っていった
すると瀧川はごうを煮やしたように、
あやつきの手首を取り、ぐいっと力強く引き寄せた>

ああぁ、「あっ!じゃないわよっ!
ピシャン  側に来なければ私が
お尻を出せないでしょう?」


い、痛いですぅ~ (ふふっ・・・
とっても、あやつきのお尻は反応が良いのねっ・・
今夜、最初の会員さんは当たりねっ

続く

スパンッキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.