里奈のおねしょパンツ 番外編

2010-12-24

里奈の家にクリスマスの夜は決まって毎年
いとこの健太君がお泊りで遊びに来ていた。
「里奈に健太く~ん、いったいいつまで
ゲームしてるのぉ~?いくらイブの夜だから
って・・もういい加減に寝んねしなさいっ」
<健太と里奈は渋々パジャマに着替え始めた
その時だったママは里奈に向かって・・>
「里奈はオムツでしょ~?こっちへ来て
仰向けだよっ」あん!ママぁ~!健太君の
前で言わないって約束したじゃな~い。
(里奈・・恥ずかしいよぅママの意地悪ぅ)
「じゃぁ~、今夜は良いのね?ところで
健太君はおねしょはもう直ったのかなぁ?
あっ、別に直ってなくても全然良いからねっ
おばちゃんは、ただ正直な子が大好きなだけ
もし?心配ならおねしょシーツを敷くけどぉ」
『大丈夫だよぉ!もう僕5年なんだからぁ!』
「そう・・なら、良いけど・・ねっ・・」
(本当に二人とも大丈夫かしらぁ?まぁでも
里奈は夜中におトイレに起すから良いとして)
<深夜2時過ぎママは二人が仲良く寝ている
ベットの傍らでなにやらにんまりしていた>
(うふふっ、やっぱり男の子も可愛いわぁ!
里奈が生まれた時双子だったら良かったにぃ
あら、あら、可愛らしいお尻を出しちゃって
風邪でも引かせたら彼のママに叱られるわね)
<ママは健太のお尻をそっと優しく撫でながら
お布団を掛けなおしてやった、そして・・>
「里奈っ・・ほらっ、おしっこのお時間よっ
お・き・て・里奈ったらぁ~・・もうっ!
まっ、いっかぁ!昨夜遊び過ぎたもんね~
今夜だけは朝までぐっすり寝かせてあげよっ」

里奈と健太は布団の冷たさではっと目が覚めた!

『里奈ちゃんっ、僕、おねしょしちゃったぁ
どうしよ?あれ、もしかして?里奈ちゃんも』
「大丈夫よっ!ママはまだ来ないわぁ、早く
パンツを脱いでっ!えっと・・あそこよっ!」
<里奈は急いで健太の濡れたパンツと自分の
おねしょで濡れたパンツを箪笥へ押し込んだ>
「はぁ~い、朝ですよ~ん二人とも起きなさい
あれれ?どうして・・健太君は里奈のパンツを
はいているのかしらん?それに・・里奈も・・
それ・・昨日はいたパンツと違うんじゃない?」
(ははぁ~ん・・二人してやったのねっ!)
「健太君!おばちゃん昨日言ったわよね~?
正直な子は大好きだけど・・嘘を付く様な子は
お仕置きするってっ!ねっ!どこへ隠したん?」
『わぁ~ん!おばちゃんごめんなさぁ~いっ!
僕・・僕、里奈ちゃんがパンツを隠そうって・
それで・・えぇ~ん!ごめんなさぁ~いいっ』
里奈っ!あんたはなんて子なのよっ!おいでっ
お外でお尻ペンペンです!ご近所の人にもうんと
あなたのお尻叩きの音を聞いて貰うからねっ!
<ママは里奈を横抱きにするとおねしょ布団の
目の前で厳しいお尻叩きを始めた・・>


ぱん!悪い子っ!ぱん!どうして?パン!!
いつも、そうやってママ隠すのよっ!バチン!
「いや~ん!お外は嫌ぁ~!とってもお尻が
寒いし、恥ずかしいよ~ん!ママぁ~ああ!」
駄目、駄目うんと今日は懲らしめてやるんだから
いくら泣いても絶対ママは許しませんっ!
パチン!ばち!ばちぃ!ばちんん!
「わぁ~ん、お尻ごめんなさぁ~いっ!
痛いよぉ~、うえぇ~ん!えん、えん・・」
健太ぁ!そこできちんと正座してなさいっ!
次はあなたのお尻の番ですからねっ!いいっ!
おばちゃんは男の子のお尻ペンペンは特に
厳しく叩きますからねっ!覚悟して待ってなさい
<健太はお尻を出したままの正座させられ次に
やってくる自分のお仕置きの番に震えていた>
パチン!ばちぃ!ばちぃ!もっとねっ!
ばちぃん!!「ひぃ~!!ママぁ、痛いぃ~」
<里奈と健太のお尻はお猿さんの様に真っ赤に
腫れた頃、ようやくママの怒りが収まった>

二人ともぉ、今日と明日の二日間ずっとオムツ
でいるのよっ!もちろんお外でもだからねっ!!
健太も里奈もおまたを広げたまま仰向けに寝んね
しなさいっ!そう・・そのまま暫く反省してるの
わかったぁ!!ママが二人のオムツの用意が
出来るまでずっとそうしてなさいっ!良いわねっ

健太と里奈はママにペンペンされた赤いお尻を
一所懸命さすりながら黙って顔を見合わせた・・
『来年から、里奈ちゃんの家に来ないからぁ!』

里奈のおねしょパンツ番外編でした

スパンッキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.