スパンキングホテル 第6話 腫れた双丘 

2010-06-01

<ここまでの登場人物>

川口幸子・自身の娘である小学生4年の聡子を
躾けて貰う為にこの合宿へ入れる事を決心した
ノーマルな女性でお仕置きを受けた経験は
全くのゼロ、娘の叱り方も満足にできかった。

田村君江・このセンターの受付係と入所までの
お世話やカウンセリングを担当している女性で
スパ趣向はカーで対象は男女どちらでも可能な
タイプ、どちらかと言うとリアルよりも見学を
好む女性だった。

黒川知佳は
通称、躾けの湯治場と言われる生活改善センター
またの名をスパンキングホテルと言われる施設の
ダイエットプログラム専任トレーナーで
宮下多美子のお仕置きパートナーでもあった。
スパ趣向はカーで、まったりとお仕置きをする
タイプの女性で他のキー女性からも好かれていた

柏木れい子は・・以前に多美子に好意を寄せていた
黒川と同じ所属の専任トレーナーで、スパ趣向は
当然カー、かなりのハードスパンカーで施設でも
有名だった、彼女に折檻された利用者さんは
翌日、まともには、椅子にすわれない程だった。

宮下多美子・・今はお仕置きされる側として
撮影に望んでいるが、普段は黒川、柏木と
同じ、ダイエットプログラムのトレーナーである
フェムネコであり、現在は黒川知佳のパートナーで
スパ趣向はスイッチ。趣向割合は8対2で
キー願望が強く、幼児退行壁もあった。

ビデオ撮影当日に戻る・・

黒川知佳〔多美子のスパンキングパートナー〕は
今、まさに目の前で行われていた、柏木の
あまりにも冷酷過ぎる程のハードスパンキングに
思わず、目を覆った。
それもその筈、普段知佳が多美子にしている
お仕置きはとても愛のある折檻で、とても悪い子の
時でも、せいぜい物差し止まり。こんなに厳しい
お尻叩きなんか、した事がなかった。
姉やママのになってあげて、いけない事を
説き伏せながらの優しい折檻だった・・・

黒川(何よ!あんなに厳しく多美子のお尻を
叩かなくたって良いじゃない!このビデオは
あくまでも、研修用じゃない!の・・雰囲気が
伝われば良いだけなのに、あれじゃぁ~
多美子が可哀想よ!)

柏木は規定の10分のスパンキングがあと2分と
迫って来ていたので、最後の仕上げにと、さらなる
厳しいスパンキングを多美子に浴びせた。


あ~、知佳ねぇさ~ん、助けて~
痛いよ~、うわ~ん、私お姉さん以外の人に
お仕置きされても絶対に泣かないって
誓ったけど、もう無理だよ~


多美子は知佳だけを信頼し、万が一他の人間に
お尻が叩かれるような事があっても絶対に
心は許さないと誓っていた・・
多美子は、他の人間にスパンキングをされても
泣いたりは、もちろん股間を濡らす事は
知佳に対して裏切り行為だと認識していたからだ

「うわぁ~ん、ごめんなさ~い、トレーナー
もう許して下さ~い!!お尻に火が点くよ~」

「ぱぁ~ん!!何、泣き言を言ってるのっ
まだ後、1分近く残ってるわよ~
素直にお尻ペンペン受けなさい!
追加のお仕置きをされたいのですか!」

「ひっ~、嫌ぁ、堪忍~、堪忍~」
バチ!バチ!バチ!バチぃ~ん!
「ぎゃ~あぁ~、あ”~」

柏木が次の平手打ちを多美子の尻へ狙いを
定めた瞬間だった・・黒川は次の平手打ちに
静止をかけたのだ。

「時間ですトレーナー、10分経ちましたよっ」

「はぁ、はぁ~、そう・・では交代ねっ
%

スパンッキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.