第2話「心に刻まれた愛の鞭」

2011-01-02

姉の理不尽とも言うべきなお仕置き宣告を受けた
拓哉はミサに手を引かれながら離れの子供部屋に
休憩の為にぽつんと置いてあったソファーベットの
脇まで連れて来られると・・

さてとぅ~、今日はどうして叱られちゃうのか?
判るわよね?いつもの様にママのお膝においで・・
あなたが自分で悪い子だったなぁ~って思ったらで
良いからねっ・・それまでママはこうしてベットに
お座りして待っててあげるからね~・・。

<拓哉がおもむろにミサの膝へ上へ乗ろうすると
ミサは彼の腕を掴み再び厳しい視線を浴びせた>

拓ぅ!本当に悪い子だったって認めるのねっ?

「う・・うん・・多分・・」

多分じゃぁ~、駄目なのぅ!どうして?
お尻ペンペンされるのかを言ってごらんっ

「お姉ちゃんとのお約束を守れなかったから・・」

だぁ・かぁ・らぁ!お姉ちゃんじゃなくて・・
このお部屋の中では私はママでしょ!それが
いけないって言ってるのよぅ・・もぉ~っ!
拓哉はお姉ちゃんとママとどっちが好きなの?

「お姉ちゃん・・優しいお姉ちゃんの方だけどぉ」

そうでしょ?ミサお姉ちゃんはたま~に怖い時が
あるけど・・向こうにいるママなんかよりも
ずっと、ずっと拓哉の事を愛してるもんね~?
ミサお姉ちゃんはもっと、もっと拓哉の事を
可愛がったりぃ~、抱っこしたりしたいのよ~ぉ
だから、あなたのママになってあげようとして
いるの・・判るわよねっ?本当のママだったら
拓哉が良い子の時はうんと甘えさせてあげるし
反対に悪い子の時は本気で叱らなければならないの

「う~ん、叱られるのは本当のママだけで・・」

どうして?ここまで言ってもわかんないのぉ!
本気で叱るって事は本気で愛してる証拠なのっ、
判らないなら、判らないで良いわよ・・今日は
特別にレナ用のお道具でお仕置きしてあげます

<ミサはソファーベットの隙間に忍ばせて
置いた小さい革のパドルを自分の膝へ乗せた>

「そ・・それって・・いつか?ミサお姉ちゃんが
レナお姉ちゃんのお尻をぶったやつぅ~・・」

しかたがないね・・そろそろ拓哉もこれで
お仕置きしないといけない年齢になったのよ
じゃないとお姉ちゃんの本当の優しさを感じる
事ができないんだもん・・さっ・・おいで・・
今日はあなたにとって初めてお道具でのお仕置き
だからちょっとは手加減するからね、先ずは
パンツの上から試して見て・・それからまた
お仕置きの数とか強さとかは考えてあげる。

<ミサは一旦パドルを脇に置くとセーラー服の
スカートの裾を手前に捲くりあげ。素足の膝へ
拓哉を抱き上げそのままうつ伏せに横たわらせた>

(いきなりお道具では可愛そうよね~?
少しお手手でペンペンして良い子にしてぇ
それからパンツの上からお仕置きねっ・・)

拓ぅ、ペンペンのお仕置き・・始めるわよっ
いつもの様に良い子になったらちゃんとママに
もう、拓哉は良い子になりましたぁ!って
大きな声で言うんですからねっ!!いくねっ!
ぱぁん!「あっ・・」ぱぁあん!
ぱぁん、ぱん!ぱぁん!ぱぁああん!
ぱぁんん!ぱん!ぱん!ぱん!ぱ~ん!

<ミサのスパンキングは子供部屋全体へ響き渡る
程大きな音だったが、かなり手加減をした感じの
平手打ちだった為か?拓哉が暴れる事は無かった>

どう?良い子になった?

「えぇ~ん・・もう、良い子になったぁ!」
嘘っ!今日ママに嘘をつくのは二回目ねっ!
ママ、全然痛くしてないのにぃ~、拓哉は
どうして嘘をつくのよぉ~!ぱぁん!!
「わぁ~!本当だよぉ~!」

だったらお尻を見せてご覧っ!ママが
見ればどの位良い子になったかがすぐに
わかちゃうんだからねっ!ほぉ~らぁ!
お尻を出してご覧なさいぃ!

<ミサが拓哉のズボンを尻の全体が見えるまで下げ
彼の真っ白なパンツをまるでTバックの様に剥いた>

やっぱり・・まだ全然良い子になったってような
お尻になっていないわねっ!嘘つきは嫌いよっ!

お道具でのお仕置き時間が来たようね?拓・・
おしっこを先に済ませておこうかぁ?

「お・・おしっこ?」

そう・・良い子のお尻になるまでママの
お膝から当分は降りれないんだからねっ。

(あなたが本気で私をママと呼べるまでよ・・)

お尻ペンペン中にお膝へお漏らしでも
しちゃったら恥ずかしいでしょう?

第3話 「魔性なスパンカー」へ続く

スパンッキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.