膝の上の妖精たち 12話

2010-07-30

ともみ?・・オナニーは別にしては
いけないって、姉さんは言ってないの

・・・・

でも、暫くの間、どうしもオナニーを
したくなったら、お姉ちゃんの
許可を取ってから、目の前でする事っ
良いわね?分かったら、お返事は?

「はい・・今度もし?オナニーを
したくなったら、お姉ちゃんにまず
言って・・それで・・お姉ちゃんに
オナニーを見てもらいます・・」

ともみは、姉の言う目の前で
オナニーをする様に・・と
いう言葉にうろたえたが、もし?
今、また姉に逆らえば、今度こそ
小股にお灸を据えられるのでは?と
思い、素直に了承した・・

「良い子、良い子、お姉ちゃん・・
素直なともみが大好きよっ、直ぐにでも
いっぱい抱っこしてあげたいけど
ほら?2階のクローゼットで
お仕置きを待ってるもう一人の
悪い子がいるでしょう・・だから
抱っこは、もう少しお預けね?」

<それでも、ともみは姉に抱きついた>

「いや~ん、今、抱っこぉ~お~
ともみ、いっぱいお仕置き我慢したよっ
お願い~、1分でもいいからぁ~」

しょうがないわね~
1分だけよ・・そしたら良い子で
お姉さんのお部屋の中で
達也のお仕置きが終わるまではじっと
待ってるのよっ、お仕置きを
覗いたりしたら・・メッ!ですよ~。

「は~い!」

じゃぁ~、お姉ちゃんのとこへ
来なさい・・ぎゅってしてあげるねっ

<ともみはついさっきまで姉にされた
厳しいお仕置きの事など、すっかり
忘れた表情で今日子の胸に抱かれた>

「う~ん、ママぁ、ママぁ~」

はい、はい。ママはここでしゅよぉ~

(ともみったらっ、甘えん坊さんねぇ
でも、もうオナニーをする位に
おっきいお姉ちゃんになったのね~)

<今日子は暫くともみの
甘えた顔を見つめていた>

数分後・・

今日子はともみを自分の部屋に入れると
腕まくりをしながら、今度は弟を閉じ込めて
おいたクローゼットへと向かって行った。

達也~、良い子で待ってたかしら?

(うん?なに・・この匂いはぁ・・)

<達也は顔を真っ赤にしながら股間を
両手で隠していた・・>

達也・・あんたまさか?

「だ、だってぇ~、お姉ちゃん・・
いくら待っていても来ないんだもん」

そう・・直ぐにお姉ちゃんに
ごめんなさい、するなら、まだしも
お姉ちゃんの責任にするのね!
そんな、おちんちんは今すぐ
この手で取って無くしてあげるわ!
達也もお風呂場でのお仕置きからよ!

13話へ続く

※お仕置き小説はフィクションです。

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.