膝の上の妖精たち 14話

2010-07-31

いけない子っ・・あんまり
駄々をこねないのよっ
それとも・・もうお尻をペンペン
しなきゃいけないのかなぁ
達也くんはぁ?

「ふんにゃぁ~、いやぁ、あぁ~
 ペンペン嫌だぁよ~!!」

<達也は首を左右に振って
思いっきり、いやいやをした>

だったら、腰をもっと前に
突き出しなさい、引っ込めたら
きれいに剃れないでしょう?

<姉は弟の少ない毛をさっさと
自分のむだ毛を剃る為に買った
カミソリを使い手馴れた手つきで
ツルツルにしていまった>

それにしても、この膨らんだ
ちんちんをどうにかしないとね~
まぁ、しょうがないわね!
今、姉さんが白くてバッチぃやつを
ちんちんの先からたっくさん
出してあげるからねっ?

ほらぁ、出しなさい・・

<達也の縮みかけた一物を握り絞めた>

「ああぁ~そんなぁ、急に
言われても、出ないよ~ぉ」

な~に?妹の前で、さっきはあんなに
出そうとしていたんじゃないのぉ?
姉さんの前では出せないって言うのっ!
それに、全然むけてないじゃないっ
こんな、ちんちんでオナニーを
しようなんて、3年早いわよ!

ほらぁ、ほらぁ!

「うぎゃぁ~、痛いよ~
ち、ちんちんがぁ~!!」

<達也のちんちんの皮を一思いに
いっきに、むいた・・>

あれぇ~、おかしいわね?
むけないわね~?
これから、姉さんが毎日お風呂で
この皮の帽子がするってむけるまで
特訓してあげるからねぇいいわねっ
そらから・・当分の間は
オナニーを自分勝手にする事は
絶対に許しませんよっ!
これは、さっきともみにも
言って聞かせてあるんだからねぇ
お姉さんに内緒でやったら・・
わかるわよね?

ほらぁ、お返事わぁ?

「うんぎゃぁ~、いたい、いたぁ
ひぅ~、はあ、ああ・・いい」

良い子ね!そうやって直ぐに
お返事したら、ちんちんの
お仕置きは少しは軽くしてあげるわよ

「ふっひゃあぁ~、むかないで~!」

あらぁ、ごめんねぇ,
痛かった?このちっちゃいお帽子を
元に戻すのを忘れちゃった・・

15話へ続く

スパンンキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.