スパンキングホテル 第13話 お仕置き授業 

2010-08-07

「あぁ~ああ、お母さぁ~ん!」
聡子ちゃん?もう、ママはいませんよっ!
良い子でお仕置きが終わるまで
先生のお膝の上に、こうしているしか
ないのよ・・あんまり駄々をこねる
様なら、本当に厳しくお仕置きするけどぉ
さぁ・・・どうするのっ!
<多美子は聡子に、今、甘やかしたら
到底、ここ(スパンキングホテル)での
生活が続く訳がない事を知っていた・・
自分がスパンキーであり、またここの卒業生と
言う事もあり、その事だけは嫌と言うほど
自身のお尻で体験済みだったからだ>
「わぁん、わ~ん、これ以上痛い
お尻ペンペンはいやぁ~!!聡子っ
我慢するからぁ!あぁ~んんんっ!」
ふ~うっ、聡子ちゃんは何年生だっけ?
小学1、2年生じゃぁ、ないわよねぇ?
ちょっと、こっちへいらっしゃいっな・・
<多美子は聡子を一旦膝から下ろすと
窓際の方へと連れて行った・・>
ほらぁ、あれをご覧なさいっ
あんなに小さい男の子だって
ママの教育方針によっては、この
施設に連れてこられるのよぉ~
「わぁ~!あの子っ、ペンペンされてるぅ~
どんな悪い事したんですかぁ~?先生・・」
<聡子は外でお仕置きされてる
男の子を見ると何故か?急に元気になった>
(まったく~、さっきまで、私の膝で
大泣き、していた癖に・・げんきんな子ねっ!
まぁ、他人のお仕置きって、やっぱり
この位の年の子でも興味があるのかなぁ?)

さぁ?何を悪さしたんでしょうねぇ~
とにかくぅ、よく見てなさいっ、ここの
躾がどんなものか・・・ねっ!
(あぁ~あ、あの男の子よっぽど運が
悪かったのねぇ、超!スパンキングマニアの
柏木に叩かれるはめになるとは・・ねぇ)

柏木れい子とは、このスパンキングホテルで
どの様な躾の方法を施しているかを説明する
デモンストレーション的なサンプルビデオを
撮影した時(第4話参照)に多美子のお尻を
容赦なくハンドスパンキングした張本人で、
本物のスパンカー女性だった。

その一方、ホテルの中庭では・・
たけしく~んっ?あなたは・・
いったい何度先生に叱られたら
わかるのかしらねぇ~
そんなんでは、夏休み中この施設から
出られないんだからねっ!
朝はお寝坊さんでしょう?
夜中に先生がおしっこに起こしても
ぐずって、トイレも行かないし~。
それでもって、おねしょ・・でしょう?
今日の体育の授業はたけし君の
お尻ペンペンからはじめましょうかぁ

「やだっ!先生のばかぁ!」

<たけしは捨て台詞を残して走り去ろうと
したが、そんな事は予想していたれい子は
すぐさま、たけしを捕まえ、跳び箱に手を
つかせる格好にうつ伏せに押さえつけた>

「わぁ~、離してぇよぉ~!わぁ!!」

ほぉ~らぁ、捕まえたぁ・・悪い子のお尻は
どうされるんだっけぇ~?う~んっ?
まだ、このお尻はちゃんと覚えてない様ね!

ぱん!ぱぁ~ん!!ぱん!ぱん!パチン!

「ぎぁあ”あああぁ~っ!うぇ~えぇ~ん」
まだ、5回しかお尻ペンペンしてないのに
意気地が無いわねっ!たけしわぁ!
さぁ、短パンを下ろしますから、じっと
しているんですよぉ~、良いわねぇ~
「あぁ~ん、先生もうしませ~んんっ
わかったよぉおおおぉ~!痛いのやぁ~”」
先生だって、たけしが良い子なら
お尻なんか、ぶちたくないのよぉ~
たけし君が良い子になって欲しいのよっ

2階の窓から見ていた多美子が
心の中でこう呟いた。。(嘘つきっ!)

スパンキングホテル14話へ続く

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.