東京おしりぺんぺん専門店

2021-07-10

ママのお仕置きは膝の上へご訪問ありがとうございます。本日はおくむらかんちがお薦めしたい、お尻ぺんぺん専門店Billen(ビレン)さんをご紹介します!

皆さんご存知かもしれませんが、スパンキングの歴史は古く特に欧米では躾けとして日常行われていたそうです。まー、過去の話しになりますがね(笑)かんちが小学生くらいの頃に近所の男の子がママにお仕置きとして週一くらいの間隔で
お尻ペンペンされていたのを今も忘れませんし、その時に羨ましくも思った記憶があります。それがきっかけでその後スパンキーに目覚めたのかもしれません(笑)

お尻ぺんぺん専門店はこちら

国内で当時、有名どころは関西にあったスパンキング秘密クラブ、名古屋のメリーゴーランド、高円寺の大人の保育園といった所で残念ながら今は存在していないと思います。かんちのお気に入りは店名こそ忘れましたが赤ちゃんプレイが可能なお店で、オムツのまま強制浣腸され粗相の始末をママがしてくれて、そのあとお尻ぺんぺんというシンプルなストーリープレイながらもママのお説教とお尻叩きの絶妙なバランスと強弱をつけながらとにかく長い時間お膝の上でお尻ペンペンしてくれましたね。

お尻ぺんぺん専門店はこちら

スパンキングには大きく分けて二つの趣向があり、一つは痛みを求めるタイプと雰囲気を重視するタイプです。これはスパンキー願望がある方にしか理解できないと思いますが、SMの世界感とは全く違うんですよねー、スパンキー願望のある子は実話、とっても我儘!?な子が多く。お尻ペンペンひとつとっても拘りは深く、少しだけ願望例を挙げると・・どうして?叱られるかわからせてからお仕置きして欲しい。お仕置き宣告をして欲しい。最初にお尻はスカートの上から若しくはズボンの上から叩いて欲しい。ズボンはママにおろされたい。赤ちゃん言葉で叱られたい。(年齢退行タイプ)逃げるお尻をしっかり捕まえて欲しい。お仕置きはママが納得するまで続けて欲しい。(できれば泣くまで)


たまにお道具で厳しく叩かれたい。反省タイム(コーナータイム)を挟んでお仕置き再開して欲しい。他にも抱っこされながら耳元で悪い子だからお尻を叩かれるんですよ・・囁きながらペンペンされたい。お仕置き中お漏らししてみたい。とにかく長くお膝の上でうつぶせでいたい。拘りはまだまだありますがきりがないのでこの辺で(笑)

Billen(ビレン)オーナー美咲さんからのメッセージ

風俗嬢として現役12年。今年、引退し理想のDiscipline(ディシプリン)でのスパンキングをコンセプトに、おしりぺんぺん専門店を立ち上げました。

リフレッシュの仕方は十人十色。そこに男女の違いはありません。なぜかわからない。でも、気がついたらお仕置きとして。ぺんぺんされたい、したい。と思うように。大切な人や友人知人にはもちろん、一般的な風俗店でも言えない秘めた思い。そんな秘めた思いが叶えられるお店にしたいと思います。秘密なリフレッシュのお時間が過ごせますよう務めていきます。

お薦めコンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

カテゴリー

スパンキング優良店はこちら

アーカイブ

Copyright(c) 2021 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.