北川スパンキング保育園 第9話 失禁

2010-03-29

巡回中に園長は、久しぶりにスパンキング
を堪能する機会に遭遇できた
この大人の保育園に正式な名称は
北川スパンキングサークルであり、
主催者でもある、スパンカーの北川さつきが
おそらくこのサークル内で、もっとも
お仕置き趣向が強い人間と言っても過言
ではなかった。

りょうちゃん!このオムツを取って
たっぷり、ペンペンしてあげたい所だけど
このお部屋は、今日は女の子もいるし、
それに・・新しく入園した・・・

めぐちゃん、だったわね?
「は、はい、そうです」
恵は、目の前で園長先生の折檻を目の前で
見せられて、呆然としていた。

めぐちゃんは、食事の前にみどり先生に
遅刻した罰で指導室でお仕置きされた
みたいだけど、良い子になれましたか?
もし、反省が足らない様なら、この子と
一緒に、これから園長先生のお部屋で
ゆっくり、言い聞かせてあげるわよ。
それに・・・

園長が恵を、連れて行きそうになったので
慌てて、みどりが助け舟をだしてきた

園長先生!彼女は充分に私がお説教したあと
たっぷりと折檻しておきましたから
今日のところは、私にお任せ下さい。

北川は、少し残念そうな、仕草をして・・
まぁ。指導の先生であなたが一番厳しいって
聞いてるから、大丈夫ね。
めぐちゃん。一度にたくさんの悪い子シールを
貼られたら、私のお部屋に呼ばれる事に
なりますからね、良いですね!
園長が、恵に念を押すと、すっと立ち上がり
りょうの手を引っ張って、部屋から出て行った
みどりは、ため息をつきながら。

はぁ~、良かったわね~、恵。
あなた、もう少しで、彼と一緒に連れてかれる
ところよ、今日はたまたま、りょうちゃんが
生贄に、なったけど、園長は二人だろうが
3人だろうが、幾らペンペンしても平気な
手をしてるんだから。私に感謝しなさいねぇ

「あ、ありがとうございます」

恵は、みどりが言ってる事があまり理解が
出来なかったが、少なくとも、あの園長の
半端じゃない、平手を自分のお尻に叩きつけ
られなくて、良かったと胸を撫で下ろしていた

みどりが園長に、喰らいついてでも、彼女を
助けたのは、なによりも、恵が初日から、
園長の厳しいお尻叩きを受けて、サークルに
明日から、来なくなってしまっては、自分が
恵をお仕置きができなくなるという、心配が
あったからだった、もちろん、そんな事は
彼女には、話すつもりはなかった・・・・
恵〔めぐ〕は、園長がお仕置きしている時から
ずっと、トイレに行くのを我慢していた。

とても、その時は言える雰囲気ではなかったし
実際、オムツをされているんだから
トイレなど、行かせてもらえる訳がないと思い
恵は、おしっこを、オムツの中ですっかり
全部出していた。いつこの事をみどりに言うか
股間に手をあてて、もじもじと、していた。
そんな恵の不自然な動きをみどりは
見逃したりはしなかった・・

続く

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.