「デリバリースパンカー」VOL3

2010-11-19

11月18日配信 男の向けお仕置きメール

「デリバリースパンカー」VOL3 (健太ちゃん)

こんちには。本日はご指名頂きまして
ありがとうございます・・早速ですが
仮病とか虚言壁がある坊やはお部屋ですか?

「はい・・親である私が自分で
咎めたら良いんですけど・・
これからパートに出かけるもので・・」

良いんですよ~、健太ちゃんのママ・・
そういう時こそ、私達にお任せ下さい

「そうですかぁ?・・でわ、お言葉に
甘えちゃいますね・・行ってきます」

はい。いってらっしゃいっ!

コン・・コン、コン

「なんだよぉ~!今日は休むって
さっき言っただろう・・あれ?誰・・」

私?・・そうねぇ~健太ちゃんの為に
来てあげたお仕置きママですよぉ~

「勝手に僕のお家へ来て・・
お仕置きって・・な・・なんだよぉ!」

あらぁ?勝手に来る訳がないでしょう
ママにちゃんとお願いされて来たのよっ
健太ちゃんを良い子にする為にねっ・・

「ぼ・・僕・・良い子だから・・
お・・お仕置きなんて・・必要・・」

お仕置きが必要かどうか?は・・私が
決める事なのよっ!ところで健太ちゃんは
今月に入ってから何日お休みしたのかなぁ?

「ま・・まだ3回だけだよっ・・
お熱があったんだから仕方がないだろぅ」

ふ~ん・・お熱ねぇ~・・さて
そのお熱がどれだけ?あるのかしらね~
本当にお熱があるなら、今日は帰るけど
もし・・平熱だったりしたら・・
とっても辛いお仕置きが待ってますからね
さぁ!そのままベットの上でうつ伏せに
なってごらんなさいっ。枕はお尻の下よ

「ね・・熱なら・・脇の下じゃないの?」

良いから!うつぶせ!私のお熱の計り方は
この指を健太のお尻に差して計るんだからぁ!

「そ・・そんなの・・聞いた事がないよ~」

<今日の派遣ママ・・美由紀は健太に
抵抗する暇を与える事なく、あっと言う間に
彼の体をクルリと回すと、さっさとお尻の下
あたりに枕を据え、さらにその一瞬の隙に
健太のおちんちんを右手で掴んだのだ>

「ああ・・・あうぅ・・ああ・・」

さぁ、どうする?由美子ママのいう事が
聞けるかしらぁ?う~ん?どうなのっ!!

「ひぃ~!!つぶれちゃうぅ~!!」

こんなに小さいおちんちんの癖に大人みたいな
お口をきくんじゃないのっ!わかったのぅ!

「はひ・・はい・・じっとしますからぁ!」

だったら、可愛いお尻をママに見せなさいぃ

<健太の袋をしっかり、握ったまま美由紀は
もう片方の手を健太のパジャマのお尻の方から
差し込み、今度はパンツだけを上へ引っ張り
あげた・・上から見るとそれはまるでTバックの
様にも見える程、ぐいぐい引っ張られていた>

「うぐぅ・・お尻の穴が痛いよぉ~ん・・」

小生意気な坊やのお仕置きにはこれが一番なのっ!
たまたまと、お尻・・・両方いっぺんに罰を
与えられるでしょ?パンツを緩めてあげても良いけど
いちいち私のいう事にさからわないってお約束が
できるかしらぁ?う~ん?どうなのぉ~、もっとかな?

「ふ・・ふつう・・お仕置きって・・
お・・お尻ペンペンじゃないのぉ~!」

ペンペンもするに決まってるでしょ!そういう
態度からまず躾けてあげてるんじゃないの!
悪い子ね!これから・・健太がしゃべれる言葉は
「ごめんなさい」と元気の良いお返事だけよっ
それ以外の言葉を一言でも言ったら・・こうよ!

<美由紀は健太の袋をさらに絞り上げた>

「いぎぃ~・・は・・はい・・はい!」

やっと、わかってきたようね?良い子・・

「デリバリースパンカー」VOL4へ続く

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.