サンタさんのお仕置きメール(涼ちゃんへ)

2010-11-24

涼ちゃん!サンタさんのお仕置きメール
プレゼントにご応募頂きありがとうね!
送信日の希望が書かれてなかったのと
エッチNGのお仕置きという事でしたので
こちらのブログにてプレゼント致しますね。
※ハード系、エッチ系、登場人物が多い系は
スパンキー会員ページのみで公開となります
また・・携帯端末からキャンペーンご応募を
された方も長文(文字数オーバー等)による
送信エラーを回避する為、同様にこちらの
ブログで公開となります。えっと・・・
涼ちゃんのリクエストはぁ、百合系で・・
年上の女性からのお仕置きが良いんだよね?
あと・・お仕置き中のエッチ無し。それから
赤ちゃん言葉も無しだったよね!了解です。
※このお仕置きメールのストーリーの中で
登場する人物、団体名は全て架空と妄想です

「お姉さまの躾け・GPS偏」前半

涼(22歳)が通っている女子大の先輩OB
久美と付き合い始めて2ヶ月・・久美は涼を
愛するあまり、彼女に誕生日のプレゼントと
称しGPS機能付きの携帯端末を内緒で渡した
元々、レズッ気が全く無かった涼が彼女に
惹かれた最初のきっかけは、当時付き合ってた

同じ大学に通う彼に酷い仕打ちを受けた事、
その当時、サークルの先輩でもあった久美から
とても優しくされた事だった。心に傷を癒す為
涼は毎週、週末金曜日には何処かの合コンに
参加していた、ある時久美はぐでん、ぐでんに
酒に酔いつぶれた涼を部屋まで送り届けた・・
その晩・・涼は新しい愛の形を見つけた。

『涼っ・・私・・明日からまた出張なんよぅ
多分、2、3日で帰れると思うけど・・
授業が終わったら真っ直ぐお家へ帰宅する事』

「えぇ~!またぁ!涼・・寂しいなぁ・・
久美ネエは、いっつも直前に言うんだもん!」

(ラッキー!久しぶりに自由の身だわぁ!
たまには、合コンにでも繰り出そうっとっ!)

『ちょっとぉ~・・あんた、また・・何か?
良からぬ事を考えてるんじゃないでしょうねっ』

(やばっ・・どうして?いつも久美ネエは
私の考えてる事が直ぐにわかっちゃうのよ~)

『まっ!いいわぁ・・毎日メールするから
必ず、30分以内に返信なさいよっ!良い!』

(ふにぁ~・・久美ネエは夜中でも構わず
メールをよこすから・・まいちゃうのよね!)

『うん?・・・また・・悪巧みでも・・・
あなたは、嘘を付いたり、変な事を考えてると
右の瞼がピクピクするから直ぐにわかるのよっ』

「な・・何を・・そんな・・迷信みたいな・・」

『今夜は明日の支度があるから、涼のお部屋へ
お泊りできないけど・・・大丈夫?・・・』

「うわぁ~ん!寂しいよぉ~まだ良いでしょ!」

<ふ~ん・・最近、涼は・・こういった・・
見え見えのワザとらしい態度も覚えたのね?>

翌日・・金曜の朝早くに久美は
予定通り出張先の北海道へと出かけた。

『ねぇ?ねぇ?涼・・今晩・・時間ある?よね!』

「ある事は、あるけど・・
ちょっと今夜はまずいかな?」

『合コンの人数が足らないのよぅ・・あっ!
会費の半分はあたしが持つから。。ねっ!
今日は就職内定を早くも決めたエリートなのよっ
このご時勢になんか・・凄くない?』

「うん・・ん~・・そうね~・・でも・・・」

『お願いっ!』「じゃぁ・・ちょこっとだけ・」

涼は親友(百合)の頼みという事もあり断り切れず
その夜、合コンへをする都内有名レストランへ

ねぇ、ゆりぃ・・私、そろそろ・・帰らないとぉ

「何が、もう帰るよぅ・・今、来たばかりじゃん
私が会費の半分は出したんだからぁ、最低でも
あと、1時間は帰さないからね!ほらぁ!私に
その携帯を預けなさいっ、一時間したら返すね!」

あぁ・・それは・・(まっ!多少は平気かぁ?)

百合は涼から携帯を取り上げると、すかさず
電源をオフにしてしまった・・その頃、北海道では

『へ~・・良い根性してるわねっ、私のメールを
40分も無視するなんて・・えっと今。。あの子は
うん、うん、六本木あたりね・・ここは・・
まぁ・・たまには・・・涼も羽を伸ばしたいのね?
仕方が無い、今夜だけは・・おおめに見てあげよ』

涼ちゃ~ん!前編はここまでね。
後半は後ほど・・アップします。

スパンキー通信「サンタさんのお仕置き」メール
プレゼントキャンペーン涼さんのリクエストより

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

お勧め海外スパンキング

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.