スパンキングの良さは恥ずかしさと痛み

2010-02-11

そして何より甘えなんですよね(笑)
痛みを伴う恥ずかしいお仕置きを受けて
こらえたり泣いたりして・・・
許されて優しく甘えさせてもらえる。☆.*:
パートナーにされるのならこの甘えるの甘え部分が
ものすっごく重要ですね(^_-)—☆
小学生の頃キー仲間がいました(笑)
まだ幼いからお尻を叩かれる恥ずかしさよりも
痛みや恐怖が上なんですね。
だから「昨日お父さんにお尻ぺんぺんされたよ」と
毎回ぺんぺん報告をしてくれてました。
私も人が悪いですよね(笑)
我が家ではお仕置きがなかったのでせめて
友達の話が聞きたくて「うゎー痛くなかった?」
「そんなにすごくお父さん怒ってたんだ?」などと
話をひっぱり出して聞いては
妄想にかられておりました(笑)
彼女は生まれながらの
キーちゃんだったと思います。
学校の先生に叩かれることもあったんですが
なぜか他の子と待遇?が違ってまして・・・
他の子が机に手をついて
お尻をバシーンと1回叩かれてるだけなのに
彼女の番になると先生がイスに座り膝に抱いて
スカートの上からでしたが
20回ぐらいぺんぺんされるということもありました^^;
体育の先生なので力が強く
この日も悲鳴をあげていました。
この日は極端でしたが普段からなぜか
彼女の番になると
念入りに叩きます・・・
他の先生もそうでした^^;
特別にひとりだけ悪い子だったわけじゃないんですよ~
どちらかと言えば無理やりお仕置きの理由を
つけられてる感じのことが多かったですねぇ・・・
小学校4年生のときに引っ越してしまい
別々の学校になりましたが
3年半もの間ほんとにドキドキと
楽しませてもらいました(笑)

スパンンキー通信FM編プレゼント

Archive Calendar

同人コンテンツ

お仕置き動画にでませんか?

アーカイブ

カテゴリー

Copyright(c) 2020 ママのお仕置きは膝の上 All Rights Reserved.